TOP

すすきの札幌のキャバクラ求人を見て実際に働いた高収入のお仕事体験をご紹介します。

ライブ遠征のためにキャバ嬢になりました

私はとある男性アーティストの大ファンでCDやDVDはもちろんのこと、その人がインタビューを受けている雑誌なんかもチェックして購入しています。表紙になっていようものならジャケ買い状態です(笑)ライブツアーはお金に余裕があれば他の地域もチケットが取れれば遠征するくらいなんです。幸い地元の札幌は北日本でも大都市なので毎回ライブは開催されますし、ファンクラブ会員なので地元の分はほぼチケットが取れるから大丈夫なんですよ。しかし札幌以外のライブチケットは一般販売になるから取りづらいし、取れたとしても遠征の旅行費がかなりきついんです。それでも行きたいからチケットを取るんですが、もっと収入を増やしたいなって思い始めてました。私の友達もそのアーティストのファンで、地元のライブや遠征もチケットが取れれば一緒に行ったりしているんです。以前はOLしてたはずの友達は普段から「遠征はおサイフに厳しいわー、でも遠征楽しいし行きたいよね!」なんて言ってたのに、いつしか生活サイクルが夜勤寄りになってた上に、金銭的に厳しいと言った話をしなくなっていたんです。疑問に思って問い詰めたところ観念したようで話を聞きだしました。今はすすきのでキャバクラのお仕事をしているとのこと。それで内緒にしてたみたいです。キャバクラで働いているなんていい顔されないって思ったんでしょうね。でも昼間に仕事をしている私から見れば驚くほどの高収入を得ていること、それによってアーティストのグッズも遠征も楽勝になったということ、正直羨ましいと思いました。私もキャバクラで働いてみたいと言うと驚いてましたが、友達がキャバクラでお仕事を始めたきっかけの求人情報サイトを教えてもらい、一緒にお店を探してもらいました。色んなお店の求人情報を見てると…こんな世界があるんだなって思いましたね。バニラで見つかる!すすきののキャバクラ求人!お給料がお昼のそれとは桁違いなんですもん。選んだお店はすすきのでは比較的知名度の高いキャバクラでした。そのアーティストもライブの後に歓楽街で飲みに行くみたいだから、もしお店に来たら嬉しいなーなんて軽い考えなんですけど(笑)後日面接を受けたんですけど、その日のうちに体験入店を勧められました。体験入店とは文字通りそのお店のお仕事を一日体験してみるというもの。日払いでお給料ももらえるらしいので、向いているかどうかはっきりさせるためにも体験入店してみることに。正直かなり緊張しましたが、お客さんはすごく満足そうでホッとしましたね。体験入店を無事に終えると店長から「スレてない感じがすごく良かったって評判でしたよ。良かったら正式にうちで働いてみませんか?」と言われました。私自身も案外向いてるなって思っていたので、即OKしました。それからは今までとは比べ物にならないくらいの高収入を得ることができて、ライブの遠征も複数個所だって余裕なくらいになりました。お昼の仕事を辞めても…なんて思うこともありますが、世間体的にも、キャバクラのお仕事だっていつまで続けられるか分からないし当分はこのままで行こうと思ってます。好きなことを思いっきりやれるようになって、今は毎日がすごく充実しています。キャバクラでお仕事を始めて本当に良かったって心から思いますよ。